『Chopin et Sand ー男と女ー』 繰り返して

はじめて聴いた時はムッとした。
幻想即興曲と夜想曲のアレンジが原曲からかけ離れすぎ。
あえてそうしたのか? ムッ!ムッ!

詩を味わっているうちに、かすかに伝わってくるあのメロディー。
いや確かなメロディー。
原曲の趣を残しつつ、今を生きる男女のドラマを時にはアンニュイに
時には情熱的に語るのね。
ムッとしたのが嘘のように、このドラマチックな世界に魅せられて、軽
目アレンジの他の曲よりも断然好きになった。

マラケシュを観ていなければ、今こうしてオサさんのCDを聴いている
こともなかったはず。 砂漠で果てたリュドヴィーク、それともイベットか。
彼らのパリが。
時をこえた今、ノクターンの調べにのって新しい恋人たちのなかに甦っ
たかのようだ。ああまた同じドラマを繰り返して。

マーラーも、はじめは「ん?」だった。
へんちくりんなところが大好きだったケン・ラッセルの映画 『マーラー』
での、湖水に浮かぶコテージの仕事部屋を思い出した途端、そう!こ
れは湖水なのだ!舟を出さなきゃ。月の光に導かれて私は行くの。
なんと静謐で美しい風景なのだろう。
もう陶酔であります。   オサさま、ありがとう。

拍手をありがとうございました

 AZUママ
  ましてこの暑い時でしたから、移動は酷ですね。
  手付かずテープにDVD類、気に入ったが最後そればっかりに
  なるので、手付かずが山積みになってしまうのね。
  今見ないものはあとでも見ない、あとで見るものは今でも見る
  ハムレットの台詞とはちょっと違う?。。。でもこれ教訓。
  肝心なのは覚悟だ。いらないものは捨ててしまおう。
  片付けられる女になりたいです。

 まいじょさま
  須賀さんがサバの書店を訪ねたときと同じ思いにかられて。。。
  ということなのでしょうか。
  では私は、リナーテ空港21時50分発でトリエステを訪ねましょう。
  『鉄道員』のビデオを見た時には、リッカ家に黙ってあがり込んで
  いろいろ覗き見しているような気持ちになりました。
  現在の『ミラノの奇跡』は? 日本の都心のような変わり具合では
  ないことを。それこそ奇跡でしょうか。

 

Chopin et Sand ー男と女ー

バッハの 『無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ』 お気に入りの
シャコンヌ。 漆原朝子。
エルガーの 『チェロ協奏曲ホ短調』 ジャクリーヌ・デュ・プレ。
そしてマリア・カラスのベストアルバム。
そこに突然天童よしみの 『美しい昔』 などを流してみると、家人から
もう一回聴かせろ、もう一回もう一回。。。とやかましい催促が始まっ
てしまう。
『珍島物語』 も聴きたいと言われた時の返事は、意地悪く「CDが見つ
からないの」。

ここ何ヶ月かの我が家のBGMは、ひたすらこれらの繰り返しだった。

さらに、梅芸で星組の 『ロミオとジュリエット』 を観た日に買ってきた
ウィーン版 『ROMEO & JULIA』 が参入。
ルカスとマジャーンの「リーベ」など、ついには一緒に口ずさめるとこ
ろまできた。音程無視のカタカナ読み。
リーベ。。。今度犬を飼うことがあったらリーベと名付けよう。

そして。
昨日から、もうこればっかりです
そうオサさま参入であります 『Chopin et Sand ー男と女ー』。
クラシックのカバーゆえか、歌うにしてはなにやら難しい曲調ではあり
ますが、愛のときめきを、歓びを、おびえを、オサさま聴かせてください
ます。
アルバムのタイトルがショパンとサンドなので、ショパンの曲ばかりか
と思っていたら、シューマンとマーラーを一曲ずつ歌っておりました。

あの大好きなノクターンがぁぁ~。
思いがけずオサさまの台詞まで入って、パッションとエロスの世界を
ただようことになるとは。

ブックレットに、詩を書かれたこうめいさんの解説がほしかった気が
するけれど、なければないで聴く側の解釈によってイメージが果てしな
く広がるのでそれもよいかも。

 さあ、舟をだすのよ

あの女は生涯に何度舟を出したことやら。
その舟は何処へたどり着いたの。
最後の舟着場は。

ショパンの死に、姿を見せることのなかった女。
愛の幕く引きはいつもこうして潔いのか。

263

ジャケットをドレスにしてみたりパンツスーツにしてみたり、
やっぱりオサさま顎のラインを出してねということで、髪アップの
パンツスーツで決着。


この間のTV番組 『読まれなかったフレデリックへの手紙 ~ショパンを
愛する人たちへ捧ぐ~』 を見て、サンドと過ごした日々のショパンは
もちろん、ドラクロワとの交流についても詳しく知りたくなった。
                  
小説家が描くショパンを読んでみようということで、平野啓一郎著
『葬送』。文庫で4冊。
マドレーヌ寺院に横たわるショパンの亡骸は、もうこの世に彼がいない
のだということを教えてくれる。肩が震え、あふれる涙をぬぐうドラクロワ。
ショパンの葬儀から始まる物語は、30頁までしか読めていない。

264


拍手を有難うございました

 まいじょさま
  ミラノではコルシア書店(今はサンカルロ書店ですね)もお訪ねに
  なられるのでしょうか。
  須賀さんは「ムッジェロ街6番の家を軸にして、私のミラノは、狭く、
  やや長く、臆病に広がっていった」 と書かれていましたが、今の
  時代のミラノを心ゆくまで堪能していらして下さいね。
  どうぞよい旅でありますように。

 AZUママ
  祇園祭りも終わったね~
  次は何の祭りで気分を昂めるかって言ったらアレでしょう。
  ロミジュリはお気に召さなかったようだし。。。ですよね?
  私はエーメからリーベで嵌ったんだな。
  そしてオサさまのショパンを聴いているうちに夏が終わって9月だよ。
  もうすぐ愛宝会のパーティー。関西ではファントムの時以来の花組
  ですけど。。。いないからねぇ。
 
  

サクランボ

ショックは食欲を失せさせた。
何も食べたくない。サクランボをひとつ口に入れてみる。
またひとつ。
またひとつ。
べつに食べたい気持ちはないのに、いち度に30個は食べてしまった。

このサンランボには騙されたのだ。
デパ地下で、佐藤錦にしては安いなぁとバラ詰めをひと箱買って帰った。
洗おうとボールにあけたところ、サクランボの下には半端じゃない量の
プチプチ気泡シートが詰められていて、サクランボは上辺だけにふわふ
わ~と盛ってあるのだった。見抜けなかった私がバカね。


拍手を有難うございます

コメントのお返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

 まいじょさま
  ブログを読ませて戴き、オーチャードホールでの上演を知りました。
  出逢いがあって別れがあって曲が生まれて。
  素敵な企画でしたね。TVでも充分に堪能できましたが、ステージで
  の演奏、朗読を聴いてみたかったです。

 名無しさま
  ハァ…(笑)とは、諦めでしょうか(笑)
  あのようなことを書きながら私も諦めの心境に近いかも。ご本人の
  目指す方向が、イベントや紙面でのご発言を伺っても、いまひとつ
  私には理解できていないからかもしれません。でも好きです。

 もうお一人の名無しさま
  WOWOWのナレーションは好評でしたね。 朗読と音楽やダンスと
  のコラボ。実現する日を夢みて、待つ。 「ゆるくねぇなぁ~」。。。とは
  亡くなられた井上ひさしさんの『組曲虐殺』の中に何度も出てきた言葉
  でしたが、ほんとうに、「待つ」って、ゆるくねぇなぁ~

 AZUママ
  ロミジュリ、一日違いで残念。 AZUちゃんは夏休みでご帰国なので
  すね。梅芸にキャンセルが出たら声をかけてと言ってあるのが17日
  なので、それによってご連絡しますよ。 歌が歌が。。。初日から日が
  経ったので、聴かせてくれるようになっているでしょうか?

 たぷろうさま
  あら、よろめいてました?(笑) またまた大好きだった「ビッグ・リボウ
  スキ」を見てしまいました。この頃はとってもおぼこいのね。
  しかしこれ、ジョン・タトゥーロに思わずよろめきそうになる怖ろしい
  作品ですねぇ。そんなことおっしゃらず、また希望を見つけてくだされ~

 Sさま
  あの~私が存じ上げているあのSさまですよね?
  怒る元気がでてきてよかったです(笑)
  そうですよ。それらを忘れてはいけません。そのことを教えて
  あげるてらかわがいない。導いてくれるてらかわがいない。

 ユウコさま
  有難うございます。
  できましたらメールをいただけませんでしょうか?
  このブログの右のリンク集、私のHPのトップ頁にメール欄があり
  ますので、いただいたコメントの覚えていらっしゃる部分だけでも
  書いて下さればユウコさまと判断できると思うのです。
  よろしくお願い致します。
  
  

私が心から愛した 私の可愛い フレデリック・フランソワ

サンタクルスなんてもろギブリさん好みだから
ギブリさんはパラグアイを応援すると思います。

たぷろうさんのブログで、しっかり言い切られていたとはとは
おぬし、見透かしておるのう。

ところが最近の私は、ラテンのイケメンなんて目じゃないんです。
フィリップ・シーモア・ホフマンを愛しておりますの。
デブに薄毛だけど『マイ・ライフ、マイ・ファミリー』はローラー・リニー
と兄妹で、私にもあんなお兄ちゃんがほしいと思ったのでした。
親の介護問題は切実だし、シナリオも良くできていたし。

そのパラグアイ(嗚呼。。。懐かしいパラナ川)はスペインに敗れて、
今夜はウルグアイ vs オランダ戦。
今の時点では、まったく眠くないので見る気満々であります。


今日のBS hi 『プレミアム8』を録画しておいてよかった。

    『読まれなかったフレデリックへの手紙』
                   ~ショパンを愛する人たちへ捧ぐ~

去年亡くなられた音楽評論家の黒田恭一氏の仕事部屋に置かれた
PCに遺されたファイル。
それは、生誕200年の年を迎えるショパンに捧げるための企画書と
脚本だった。

フレデリックとはフレデリック・フランソア・ショパン。
読まれなかった手紙とは、ショパンの恋人ジョルジュ・サンドが、ショパ
ンへの想いを友人や知人に書き送ったもので、ショパン自身は読むこ
とのなかった幾通もの手紙。
それらの手紙から、ショパンの人となりを読み解こうとの思いが詰まっ
たこのファイルが、病に倒れた黒田氏の遺稿となったのだ。

手紙の朗読を草笛光子、ピアノは横山幸雄。
ショパンとサンドが共に過ごした館や室内の映像を織りまぜながら、
二人の出逢いから別れまでをピアノと朗読で紡いでいく。

脚本の終盤、ショパンが逝ったのち、サンドはショパンとの日々を追想
する。

ノクターン 嬰ハ短調(夜想曲第20番)のピアノにのせて、

 強い想いを胸にしまっている人だけが  
 聴く人の心に届く優しい歌をうたいます。
 フレデリック・フランソワがそうでした。
 あの人の心は いつでも背筋をのばして 毅然としていました。 
 
朗読はつづいて。

 フレデリック・フランソワは あの人の 音楽だけを
 遺して逝きました。


朗読劇は、いつかオサさんにもと切望しているのです。
表現の原点にして、難易度エベレスト。
ついこの間見た番組、同じく『プレミアム8』での『華麗なる宮廷の妃
たち』 エリザベス一世の麻実ターコさんの朗読は素敵でした。

そしてもうすぐ発売、ショパンにのせて、オサさんの歌声は?
期待がふくらみます


 AZUママ
  我が家もです。W杯、なんだかんだ言いながら結局見ちゃうのね。
  寝不足で、携帯メール打ちながら寝ていて、目が覚めたら携帯電話
  が枕になっていたりとか。
  お互い山あり谷ありをかかえて、9月を無事に乗り切れるのか。
  来週のロミオとジュリエット、頑張ります。AZUママは?

深夜、待ちます

サッカーは興味が失せたと書きながら、いざW杯が始まってみると
結構見ちゃうもんです。


只今は、TV画面のスロバキア vs イタリア戦を横目で見ながら、PC
画面でサッカーとはなんの繋がりもないバルテュスのドキュメンタリー
VHSをどうしたら手に入れられるか、あれこれ検索しまくっている私。
1996年、BBCによって放送された番組をビデオ化したもので原題は
『Balthus the Painter』。
思いついた時に買っておけばよかった。廃盤になってしまったの~

そんな時には覗いてみるものですねぇ。某所。
おやおや、UPされているではありませんか。
いくつかに分割されている中で、勝新太郎がバルテュスの住むスイスの
グラン・シャレを訪れた場面などをこちらに。

生前のお二人。



こんなふうに時間を過ごしながら、さてと今夜は寝ないぞ。
日本 vs デンマーク戦。27時半キックオフ。


拍手をありがとうございました

フランス映画が好きなようですとオサさまが

おっ オサさま。
フランス映画がお好きだとお気づきになられた。。。と。
ご自分で歌われた映画の主題歌「男と女」あたりの影響でしょうか?
感性一緒で嬉しいわ~(すみません)。。。と。

『夏時間の庭』 私も見ましたよ。
とてつもない美術品を蒐集してしまうと、次世代への相続で問題が生じ
るのは、私もちょこっと経験したことであって興味深く見ました。
蒐集品を処分しろと命じるこの映画の母親はクールだ。
相続する者に、売るな、分散させるな、海外に流出させてはならぬなん
てことを遺言されたひには、荷が重くてやりきれん。
私なんて、お金に困ったら売っちゃいます。

手入れの行き届いていない家や庭(自然に任せているのね)が私好み
でもあったし、子供の頃に住んでいた善福寺池の周辺への郷愁など。。。
あのような家をよく見かけたもの。
フランス映画には、そんな郷愁をさそうような風景とふいに出くわす驚き
や楽しさがあるので見てしまう。出会いたいから見てしまう。
キェシロフスキ監督の『トリコロール/赤の愛』の判事の住んでいた家は、
子供の頃に歩きながら見た風景そのもののようだった。

つい最近では、パトリス・シェローが監督した『ガブリエル』を見たけれど。
プルーストの『失われた時を求めて』で描かれた時代と同じ頃の話か?
ブルジョワ階級の夫婦の物語。
シェローといえばパスカル・グレゴリー。彼が夫で妻はイザベル・ユペール。
ある日、男と駆け落ちをするという妻の置手紙を見つけた夫が動揺して
いるところへ、平然と戻ってきた妻。その後の夫婦の関係は?といった
ストーリーなのだが、なんだか知人の油壺夫人をみているようだった。
(このブログ以前の、過去の日記のどこかに油壺夫人の駆け落ち顛末を
書いていたと思う。)
それよりもなによりも、シェローの拘りなのか、夫婦の身の回りの世話や
部屋の見回りをする召使いたちが、揃いも揃って美しくてとっても若い女
性ばかりなり。
夫婦間の愛や情が希薄になると、関心は家の中の空気を動かす他の者
に向かうのか?かなりの美形と若さを条件に採用しているに違いない。
その召使いたちがつけている、ピシッとアイロンのきいたエプロンの胸元
のレースのアップにも拘ってます。
ところが、水まわりを担当する召使いたちは、ビヤ樽体形に年増女。
シェローってば感じ悪っ。


拍手を有難うございます

 名無しさま
  ソファーのスプリングは大丈夫でしたか?
  飛び跳ねたはずみに天上を破って、高く空へと舞い上がりたい嬉し
  さですよね。 待って待って待つことに慣れたとはいえ、私はファニー・
  ガール千秋楽翌日のトークイベント以来のオサさんなので、この空白
  はほんと~うに長かったです。ドカンとサントリーホール ああいい響き

 AZUママ
  そうですよ。体調調整頑張らなきゃですよね。要介護母親の。
  当日の朝になって行けないなんてことになったら、狂っちゃいます。
  梅芸1回だけだもの。その日のために神に祈りを捧げてしまうわ
  同窓会はサド侯爵夫人のルネの心境かな。毎日逢っていれば年を
  とったのがわからないけど、間をあけるとね。

 Sさま
  9月。。。9月。。。と思うだけで、盆地の夏のじっとり暑さも乗り切れ
  そうです。祐飛君のにが~い笑顔とは? いや~ん、思い浮かばない
  です~次作ではしっかりと観てまいります。けど『誰がために鐘は鳴
  る』だなんて。ツレちゃんの手のひらの上で転がされていた頃のモック
  は健気で可愛かった。。。ですねぇ

 はなさま
  まぁ!はなさまはお鍋を。
  焦げたお鍋はオサさんへの愛の印として、記念にとっておきましょうね。
  それだけ嬉しいお知らせだったのですよね。
  あんまり長く待たせるなよ~なんて、ちょっとだけ拗ねてみたりして。
  気持ちに甘えが生じてます 

待ってました!!

ヤッホー
春野寿美礼公式頁にUPされましたよ
メールでのお知らせも来ましたよ


 CDアルバム第二弾発売。

  『Chopin et Sand ー男と女ー』 ¥2,520(税込)
            エピックレコードジャパン
            2010年7月28日 一般発売


 コンサート 『春野寿美礼 meets image オーケストラ』。

   東京サントリーホール 
        2010年9月20日(祝月)・21日(火)

   大阪梅田芸術劇場メインホール
        2010年9月23日(祝木)   

    音楽監督 羽毛田丈史
    20日 / 小松亮太(バンドネオン)
    21日 / 松谷卓(ピアノ)
    大阪 / 小松亮太(バンドネオン)


7月はショパンをオサさまの歌声で。
そして、オサさまと私たちの9月。嬉しいな。


某氏に擦り寄って訊きだしてきた「9月」。
まだかまだかと、発表を待ちわびておりましたぞ。


ここのところ私は上機嫌であります。
ついこの間観た大空祐飛君のホレイショ・ネルソンが美しくて美しくて、
ハスキーボイスにもクラクラして、銀橋へのお出まし回数の多さにも嬉
しくなって、美味しい美味しい。
完全にポワワ~ンと夢見心地な少女の頃に戻っていた客席の私。

で、本日のオサさまの発表。
クッションを天上に放り投げてはふふふ~埃がはらはら~
また放り投げてはふふふ~埃がはらはら~


拍手を有難うございます

 AZUママ
  アハハ~共演というわけですね。
  懐かしいわ。お姉さまとは神戸オリエンタル劇場でお逢いしたのが
  最後でした。ターコさんからの自筆の励ましのお手紙を、お守りの
  ように持っていらして。
  日頃は私もため息ばかり。今を生きていけないアシュレーなのね。
  でも9月があるぜよ。 ひろみちゃん、探したけれどいなかった。。。

 junkoさま
  お知らせを有難うございました。
  嬉しいですね。アレンジはどんなかしら?歌詞は? 
  ウキウキした気分で発売日まで待ちましょうね~
  そしてドカーンと9月です。 サントリーホールでのオサさん、こちらも
  いろいろ想像をめぐらして、夢にもみて、その日が近づくまでを楽し
  みに過ごしましょうね~

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ