2006年04月

うたかたの恋

11月後半から12月にかけてのこの日とこの日は、名古屋と広島に
お泊りですからね。
と、家族の前で宣言しても、そんな先の話はその頃になってから言
ってくれると相手にしてくれないので、さっさとホテルの予約を済ませ
た後は、カレンダーに×印を書き込んでおく にっこり
倉敷は日帰りで行けるなぁ。

晩秋から冬にかけての花組の全ツ。
「うたかたの恋」と「エンター・ザ・レビュー」。

やっぱり最終地は広島でしたよ~ヤマちゃ~ん!!
オサさんの作品、どれを観せても心動かすことのないターコさん一筋
の頑固者ヤマちゃんよ、どうだ!うたかた。。。びっくり

「うたかたの恋」は麻実れいと遥くららのための作品でしたものね。
この二人が是非演りたいと希望したことから実現しただけに、麻実フ
ァンにとっては思い入れのある作品なんですよね。
私は、モックのメイクが映画でマリーを演じたダニエル・ダリューを意識
しすぎてか、細い究極の円弧眉だったのが衝撃的すぎて、オペラを使
うのにマリーが入らないよう苦心したかを思い出しましたよ。
うっかりあの円弧眉を見てしまうと、噴出しそうになって汗

その後の「うたかたの恋」のいくつかはCSで観ましたけど、初演初日
の感慨を超えるものはなかったので、さぁどうか!?オサルドルフ!?

オサバージョン

来月まで観る予定の舞台はないので、やっとおとずれた平穏な日々。。
と思いきや彩の国では「タイタス・アンドロニカス」が初日を開け、数日
前にはオサアンドレのDVDが発売されたのでありますよ。

「タイタス・・」情報はこれからじょじょに入ってくるのを待つとして、オサ
アンドレのDVDったら!!
ほんとに見事なまでにオサアンドレだけでした汗

わが名は~オスカル~♪とコムちゃんの歌声が聴こえて来るのだか
ら、カメラはチラリとでもコムオスカルを捉えるか。。なんて甘い。なに
しろこれはオサバージョン。カメラから外せるはずのないオサアンドレ
と絡む場面以外は容赦なく切捨てであります。すげぇ~~大波

オサアンドレだけをピックアップしてあるとは承知の上で、うん!オサ
ずくし!嬉しい!
私が欲しいのはこういうものなのよと嬉々として買ってきて、帰宅する
なり即再生。
これほどまでの思い知ったかオサバージョンに、私は笑いがとまりま
せん~

名古屋千秋楽

お別れは辛いのですが、いつまでもひとつの幸せにしがみついている
ことなく、また新しい一歩を踏み出して、まだみたことのない幸せをつ
かみに明日から歩きはじめたいと思っております。

アンコールで幕があがるたびに、オサさんらしい感性の詰まった言葉
で静かに語るご挨拶、これでしめる?。。。はずなんかない。
舞台も客席も望んでいるのはアレですか~?

「それでは」と客席の笑いを誘って、恒例のイェ~イ!が。
「男性ファン!」から始まって「女性ファン!」「二階の皆さん!」「一階
の皆さん!」花組出演者、それぞれに思いっきりイェ~イ!
「スタッフの皆さん!イェ~イ!」では、照明さんが応えるように舞台の
ライトを躍らせて光が揺ら揺ら。それを確認するかのごとく振り返って
見上げて喜んでいるオサさん。うひひ~

ひとしきりのイェ~イ!がすんで 「また次に新しい作品で新しい魅力を
皆さまにお見せしていきたいと思っております、その時までどうか」のあ
と突然声の調子がふつうの可愛いオサさんになっての「待っててくださ
ハート」に客席爆笑。 
待っているどころか、次の次、全ツのホテルの予約をするところだしぃ。
噂とおり広島が楽というのなら、麻実ターコさんファンのヤマちゃんたち
御一行もご覧になるはず、Sさま~やはりこの地には行くべきですよラブ

そして「花組ファン イェ~イ!」これでほんとに終わりだよねと思いきや、
オサさんなにやら「え?」「え?」と客席からのご要望を訊いている様子。
やっぱりでました!! 「次に進むぞ!ついてこ~~い!」
こんなふうに言われちゃうから「どこまでも追いかけてゆこう~♪」
愛と死の輪舞♪ で果てしなく死神化するのであります。

アンコールを繰り返しているうちに、さっきの芝居のアドリブ炸裂を忘れ
てしまいそう。
オサさんというのは、柔軟な演技力が身についた人なのだなと思って、
今まで観てきてはいましたが、思っていた以上だと今作品で改めて感じ
入りましたよ。
なのでアドリブの効かせかたもなかなかのものでした。

そのひとつ。アンナとの食事の約束がそんなに嬉しかったのか、ピョン
ピョンピョンどこまで後ろに飛び跳ねていくの~?からピルエットピルエ
ットで、いつになったら回転止めるのよ~あんたほんとに余命3ヶ月?
誤診じゃないの? な ウルフ最高!


稲葉先生にちょっと訊ねてみたいことがあるとしたら、
独身の稲葉先生が将来人の子の父親となるとわかった時、まだ見な
い我が子を見たいという感情は沸き起こりませんか?

さぁ、名古屋

明日は名古屋、殺し屋との最後の二日間。
これで終わっちゃうのだ。

ウルフとはもちろん別れがたいけれど、アンナのマネージャーの
鶏冠のように髪の毛を逆立てたパトの行く末が心配。
あんなにおどおどしながらこれからも海千山千の世界で生きていけ
るのかパト。ホリプロ代表だってスタートはバンドボーイだったという
から、ガンバレ!
月央和沙、名前すら知らなかった下級生だけど次回「ファントム」で
はあなたの姿を探しますよ~

留守にする二日分の食事の下ごしらえを終えました。
夢の世界で遊ぶには、現実のこまごまとしたことを片付けてからじゃ
ないとと一応心に言いきかせてみても、その心はとっくに名古屋に飛
んじゃってます。

犬には黙って出かけます。
うちのサーシャ、前もって出かけることを告げられると不安と緊張で、
また発作を起こしかねないですからね。

来年の今頃は

ab2c9d4d.jpg

A Midsummer Night's Dream 真夏の夜の夢(夏の夜の夢)

前回ふれた、ジョン・ケアード演出の「夏の夜の夢」について。
今の時点でわかっているキャストは江守徹と麻実れいのみ。
かつてのマクベス夫妻だわん。
どちらも妖精が出てくる「夏の夜。。」と「テンペスト」とがごちゃ混ぜ
で、すぐにストーリーを思い出せない私汗
某サイトによると、おそらくこのお二方は妖精の王と女王だろうとの
ことでした。

1年も先のことを、今からあれこれ思い描いてみてもくたびれちゃう
だけなので、過去の出演者をネットでちょこっと見ておくだけにしよう。


映像化されたものでは、米映画のミシェル・ファイファー。
                            公式サイト→☆

BBC製作のヘレン・ミレン!
こちらはNHKで放映されたそうですが、たぷろうさ~ん!
録画してるよね!?
ヘレン・ミレン、怖・色っぽかったのだろうなぁ。

最近(2005/11/8)のBBCでも製作されています。 
                             公式サイト→☆

ここではシャロン・スモールという女優。
この人、外観はミシェル・ファイファータイプじゃないですか。
ヒュー・グラントとレイチェル・ワイズの「アバウト・ア・ボーイ」に出演し
ていたらしいのですが、どの人?思い出せません。

映像を含め舞台では当然ながらジュディ・ディンチ、ヴァネッサ・レッド
グレーヴ、アイリーン・アトキンス。。の大姐御たち。
もっともこの方たちはシェイクスピアに登場する主だった女性を、ほと
んど網羅してこられたキャリアでしょうが。

シェイクスピア

新感線の「メタル マクベス」 内野聖陽、松たか子。
宝塚月組の「暁のローマ ~ジュリアス・シーザー~より」。
蜷川演出の「タイタス・アンドロニカス」 麻実れい。

風薫る5月は立て続けにシェイクスピアですよ。
上の2作はロックなシェイクスピアとのことですが、魔女の予言に
反してバーナムの森が動いたと怯えるに至までの精神不安定な
マクベスをロックにしちゃうノリはなんとなく想像できますな。

ジュリアス・シーザーを昨年ロンドンのバービカン劇場で観て来た
友人が、レイフ・ファインズのアントニーを絶賛していましたけど、
宝塚ではポップな音楽をちりばめたロックミュージカルとのこと。
気合を入れて観に行くとだいたい肩すかしをくらう宝塚ですから、
ちょっと覗いてみるかの軽い気分で観ましょうか。

シェイクスピアでいろいろな冒険を試みたいというのはわかるの
ですが、機関銃を乱発射する「ハムレット」なんていうのもありまし
たけど、やはり私はじっくり台詞を味わいたい、台詞で心を揺さぶ
られたい。そのてんではピーター・ブルック「ハムレットの悲劇」で
ハムレットが自分の手首の脈を触りながらの「To be, or not
to be.......」の独白は意表を突かれた思いがしましたね。
それと冒頭の「誰だ?」を終幕にホレイショーに言わせているところ
なども。

「タイタス・アンドロニカス」は英国公演に向けての再演。
意外な配役だった小栗旬のエアロン、このところ芸達者な役者たち
との共演でもまれてますからね小栗君。
誰からも同情の余地のないような悪役に徹して存在感示してほしい
けれど、お相手は存在感にかけては誰にも負けない麻実れい。
不安と期待を綯い交ぜにして、初日が開くのを待っているのって
なんでこんなに楽しいのか!キラキラ


来年、麻実れいがジョン・ケアード演出の「夏の夜の夢」に出ると早くに
分かっていれば、ケアード演出の「ベガーズ・オペラ」のチケットを春野
寿美礼とかさなったからといって譲ってしまうなんてことをしなかったの
に!当初はちゃんと両立できるようにチケの用意をしたはずだったの
ですよ。

いいのか?いいのか?観ないでいいのか?とあんなに言ってくれた
トート追っかけ返上の横浜Sちゃん(内野の出ない「エリザベート」には
なんの興味もないとエリザから卒業)に、ほらみたことかとせせら笑わ
れるに決まってるな。

須賀敦子

須賀敦子さんが亡くなられてもう8年が経つのですね。

雑誌「考える人」(新潮社)に「須賀敦子を読む」と題して湯川豊氏の
連載がはじまりました。
第一回は「もう一度、コルシア書店を生きる」です。
須賀敦子に関する評論などは出尽くしたかと思っていた頃に、こうし
て取り上げられるのは嬉しいことです。

このお知らせをHPにupしようと、久しぶりにFPXを開いてみたところ、
使い方をとことん忘れていてエラー続出。はい、未だにHP立ち上げ時
と同じFPXを使っているのです。
たぷろうさんに泣きつく寸前に、どうにかupできました。 → 本 

言ってみたい!

c9083f12.jpg

藤田嗣治の美術展開催の期間に合わせるように、雑誌やTVが特集
を組んでいますね。

「芸術新潮」今月号も購入。
TV、昨夜はNHKで「パリの異邦人 画家・藤田嗣治の二十世紀」。
家人がやっぱり山根基世のナレーターは落ち着くと言うので、「映像
の世紀」の彼女はよかったよなぁ、それに加古隆の音楽もと、声質に
うっとりしながらあがってくるエンドロールを見ていたら、「語り 広瀬
修子」と記されていました汗

NHKの番組は、過去に見たことのある映像も使われていましたけど、
それでも無名時代の藤田のアパートを訪ねる映像は嬉しい。
スーチンが住んでいた部屋をアトリエにしている女性が、部屋の中へ
と案内してくれる。
藤田の好んだきじねこではなさそうなネコがどこからかやってきたも
ののすぐに去っていった姿のわざとらしさも微笑ましくて、ああ私も行
ってみたい!
じゃなく、言ってみたい!!

 隣はフジタさん、向かいにはモディリアニが住んでいました。
 エコール・ド・パリの素晴らしい時代でした。


何年か前に、パリのどこかの美術館で藤田の絵の修復をしている経過
を、君代夫人が見守っている映像をビデオに収めたはずだったと、今日
は朝から録画したもののタイトル明記のない大量のビデオを再生につぐ
再生。
ない!見つからない!
あらゆるものの管理がこれだ。

GWは映画館?

今年は映画を、映画館でまだ一本も見てないぞ。

なにしろオサオサオサオサオサで忙しくて、映画館に行く時間がない!
それでもアカデミー賞の主演男優賞が「カポティ」のフィリップ・シーモア・
ホフマンだというのは一応知っているわけで、サバナさんと喜びを分か
ち合いたかったですよ。
HP閉じられてしまって残念!
その節はデヴィッド・ルヴォーのワークショップに参加したお話などを、
沢山訊かせて下さり有難う~

フィリップ・シーモア、脇に徹している役者なのかと思いきや主演男優賞。
写真で見た彼のカポーティは、いつだったか何かで見たワシントンポスト
社の社主だったキャサリン・グラハムとパーティで戯れているトルーマン・
カポーティそのものに見えたので、その化けっぷりに唸りましたからね。

そして、たぷろうさんから久しぶりに届いたメールに
「キム・ロッシ・スチュアートの映画がGWに公開!何年ぶりかしら?
(*゚▽゚*)」
え!?キム・ロッシって誰だった? (*゚▽゚*)マーク付けられてもな汗

その映画だという「家の鍵」のHPに行ってみて思い出しましたわ 
フランスのTVでジュリアン・ソレルを演じていた彼ですね。
ジュリアン・ソレルが、クセのない純な青年でいいのか?と思った「赤
と黒」。
彼にとって、アラン・ドロンのような毒を含んでいないただの美貌は、役
つくりの邪魔になることがあるのか。

それよりもシャーロット・ランプリングが出るんですね。これは見に行か
なくちゃ!!
顔のたるみも刻まれた皺もありのまま、生き方も力を抜いて自然体。
「まぼろし」のキャンペーンで来日した時に、阿川佐和子との対談を読
んで、こんなふうに年齢を重ねたいものだと、理想の女性となりました。

よぎる思い

ウルフを見ているとよぎっちゃうんだな~そんなよぎってしまう思い
を振り払って振り払って。。でもどうしたってよぎっちゃうのよ。

あの真っ赤な決意服で胸をはって歩いていったアンナは、ウルフが
いなくても強く生きていけるだろうけど、ウルフを演じているオサさん
がこの舞台からいなくなる日のことが。サヨナラを。
またこれを否が応でもよぎらせるような台詞が散りばめられていま
せん?

レオナードやオーランドとのやり取りで、オサさん自身の胸の内を託し
てない?なんてふと感じてしまうと、胸えぐられる思いで涙がふき出し
てきた「アパルトマンシネマ」でした。

肝心なのは覚悟だ。byハムレット
そんなことを言うけど、その覚悟にいたるまでハムレットだってどれ
だけ心が揺れ動いたというの。

千秋楽の「イェ~イ!」での満面の笑顔。無邪気すぎるよ。
もうこれ以上泣かせないで。次は名古屋、前楽と千秋楽。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ