2007年11月

すべての事には季節があり

ムラ千秋楽、穏やかな表情のオサさんを、これがわたしの季節、わたし
の時なのだとの思いで、胸の奥につかえる諸々の感情は無理やり押し
とどめて見送ったはずだったのに。
日比谷に行き舞台を観てしまったら、やっぱり心かき乱れ、新たな悲し
みにしずんで帰ってきたのでありますよ。
宝塚のスポットライトに浮かぶオサさんが大好きなのだから、
それを断ち切られてしまうサヨナラはほんとに辛い、とまたまた心は振り
出しに戻ってます。

前方席で、顔を傾けて2階席の方を振り仰ぐようにして、2階奥から真っ
直ぐに伸びるピンスポの光の道を見るのが好きでした。
その光の先には銀橋で歌うオサさんが。私にとってそれはもう陶酔の時。

18日午後は、月組トップコンビが1列はさんだ斜め前のお席でご観劇で
した。 アサコちゃんとは、このような座席位置での遭遇率高いです。
ショーのプロローグ、銀橋に出てきたオサさんに、アサコちゃんの横顔
の頬が緩みました。その瞬間オサさんもアサコちゃんににっこり。
あ、お互い微笑み合ったんだね、周辺座席からは思わずもらしてしまっ
たかのようなおぉ~の歓声(と言うほどではなくひかえめな)、とってもあ
たたかな空気が流れました。

この日のジェラールは、アルテミス神殿で行われるバザーのチラシを
見た後、パ~ッと明るくバラ色だぜ~ぐらいの輝いた表情になりました。
ムラ最初の頃のような。
あんなに明るい表情のジェラールを見るのは嬉しいな。
神殿でシモンと無邪気に遊んだ思い出は、まだなんの曇りもなかった頃
の自分に戻ることができるんだものね。


帰りの新幹線、車窓からちらりと見える劇場にサヨナラするのがお決まり
なのに、ちょうど上り車両とすれ違い見ることができず残念。
まぁ心はお江戸に残してきたようなものだわね。
今ここで過ごしている私は抜け殻。はい。



 すべてのことには季節があり、すべてのわざには時がある

遠い日、カルメル会の修道女がマリアさまのカードに書いて下さった
旧約聖書の言葉。
Aさま、ゆきちゃんと突然呼びかけて。。。シスターテレジアは、今どちら
の国にいらっしゃるのでしょうね?
揺らぎの時を過ごしているギブリです。

最後の初日

春野寿美礼、タカラジェンヌとして最後の初日の幕開け。
Sさま、Kちゃんが客席にいるはず。

「明日はムラだ、ジョジョ待ってろよ」とムラ公演中に度々メールを
送ってきたazuママから、「明日は江戸だ、ジョジョ.....」のメールが
入るのを待ちつつ、当方まずは18日、日帰りしてきます。
4回上京の予定です。
千秋楽のチケット、依然持ってはおりません。
毎夜、某所某所を覗いては、ふっ~とため息ばかりついていないで、
えい!と決断すればいいだけのこと、お隣のホテルは1年以上も前
に予約しちゃってあるのだし、ほら買ってしまいなさいよ!と背中を
突付くもう一人の私が。
朝になると今度は○座のチケット屋に電話をしている私も。

最後で始まりの日、悲しいけれどおめでとう。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ