2009年08月

男と女 Un homme et une femme

春野寿美礼のアルバム「男と女 Un homme et une femme」。
朝から晩まで、当然のことながら我が家のBGM。

どの曲も好き!
最後の曲は。。。うぅぅ。。。男オサさん、女オサさん。。。官能!!
うん 官能。。
そう 官能。。
素敵だぜ!!オサさん。




官能といえば「夏の嵐」。
夏の嵐と言えばヴィスコンティ。
ヴィスコンティといばラ・コロンバイア。
彼が愛したヴィッラ・コロンバイアからイスキアの海をぼんやり眺めて、
なにもしないで一日中「男と女」を、オサさんの声を聴いているだけ。

私はそんな夢の中。。。
私を目ざめさせないで。

4c4c266a.jpg

ファニー・ガール

あら、ほんとだったのね。ファニー・ガール。

ワンマンバーブラのための作品。
バーブラに適う者はなしで、その後だあれも手をつけなかった作品。
映画での夫役には、当時日の出の勢いのオマー・シャリフを起用。
もろアラブ顔で、ハプスブルグの皇太子ルドルフを演じた彼よ。

それが日本では2回目の舞台化。
ファニー・ブライスを演じたのは1回目、鳳蘭。
そして2回目の2010年1月は、春野寿美礼。

この作品がBWで上演された時代以降、欧米では女性解放運動が
盛んとなり、社会の意識が大きくかわって、女性の生き方も多種多
様となった。

ファニー・ブライスの生き方に共感はできても(最後のマイ・マンなん
てバーブラと一緒に泣いちゃいます)、21世紀の今、周辺にいくらで
も存在するケースなんだもん。どうなのあの物語。
演出は宝塚の正塚氏ときけば、ましてやBWで上演したものと同じ
脚本だとしたら、激しく不安がつのるばかりなり。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ