TV

皇帝

お正月のNHKBSはイタリアの大特集(再放送)てんこ盛りだった。
何故に?
今年はイタリア統一150周年なのだとか。

手当たり次第に録画していたものを、家人が寝静まった深夜に見て
は消去していくなかで、これは保存だとディスクに落とした番組が一
つだけある。

『ローマ皇帝の歩いた道(後編) 末路を見つめたハドリアヌス』。
ハドリアヌス帝が、ローマ帝国の隅々までを自らの足で視察して回る
旅に費やした時間は12年。その足跡を辿る旅だ。
アッピア街道から始まる旅の案内人は東大名誉教授の青柳正規氏。
氏の穏やかな語り口が耳に優しく、研究者だけに豊富な知識に基づ
く的確な説明は、かりそめの知識しか持たない私には驚くことばかり。

巨大なローマ帝国の地図を見ただけで仰天なのに、イギリス、トルコ、
アフリカと帝国のいたる地域からローマを目指して張り巡らされた道
路網には、いったいどれだけの人員が、作業が、と気が遠くなってくる。
といったことにはじまり、古代歴史は想像を遥かに超えた驚きの連続
で、まるで小学生に戻った気分となるのだ。

栄光の時を過ごしながらも、帝国衰退の兆しが忍び寄って来るのを
訪れた土地で目の当たりにしたハドリアヌスの旅の終わりは切ない。
ルーマニアのダキア放棄に関して、元老院と世論に屈したハドリアヌス
は孤立していった。
旅を終えローマに戻ったハドリアヌスは、郊外のヴィラ・アドリアーナで
暮らすことが多くなり、特に好んだのは海の劇場と呼ばれる円形の
小さな離れで、晩年は誰もそばに寄せ付けず誰も信用せずに暮らした
という。
哀しさを漂わせた音楽のせいか感傷的になってしまいそうなところを
青柳氏の言葉で救われた。

広大なローマ帝国で、皇帝といえどもどんなに力を振るっても動かせ
ないある種の無力感が、この狭い空間だと逆にすべて隅々まで目が
行き届くということを彼は感じたのではないか。
食堂もあり読書をする場所もあり浴室もある狭い限られた空間での
心地良さを楽しんだと思う。


また読んでみたくなった『ハドリアヌス帝の回想』。
ハドリアヌス、彼の長い長い独白を聴いていたい。
著者マルグリット・ユルスナールの仕事部屋の壁には、ハドリアヌスの
彫像の写真が掛かり、本棚の上にはギリシアの彫刻が置かれている。
この部屋で『ハドリアヌス帝の回想』は誕生したのだ。

286


拍手を有難うございました

 AZUママ
  びわ湖ホールでの新年祝賀会、良いスタートとなりましたね。
  その指揮者、まさかの塩田先生だったりして。
  ここのロビーからの眺めは最高でしょ。やみつきになるのです。
  秋のオペラは完売ですね。
  え?花組、また思い切ったことを
  サヨナラ公演だから助けてあげなくてもいいわね。

 たぷろうさま
  年明けからご多忙のご様子。
  お!先をやられた!!どこのメーカーでしょう?レビューを楽し
  みに待ってますからね。
  この間、アンゲロプロスをやっていたので見たのだけど、もう少
  しで終わりというところで、あっ!これ前に見たことあるわと気が
  付いた。ボケをとおりこして痴呆かね

  
  

広瀬、死す

広瀬が死んだ。
さらば愛しきロシアの友よ!
見るのが怖い。
という訳で、まだ録画をしておいた『坂の上の雲』を見てはいないのだ。

江藤淳の『海は甦る』で、広瀬武夫の最期を読んだ日から、どれほど
の年月が経っただろうか。
再び彼の青春にふれ、人となりを知った今、最期の時を見つめるのが
怖い。

広瀬を演じた藤本隆宏(懐かしいです『エリザベート』)が、Wikiで見
る広瀬の画像にそっくりなので嬉しくなった。
なんかいいわ~ あの実直そうな感じ。

秋山兄弟、正岡子規、そして広瀬と、明治人の気骨をたっぷりと見せ
てくれたが、あの時代に戻るのはごめんだ。
頑張って頑張って頑張りすぎたあげくに、あらぬ方向へと突っ走って
しまったともいえる歴史。
時の歩みとともに、人の心も変化をとげていくものらしいということを、
わかっちゃいるけど、それでもここまで変わるのか、今の指導者。。。
と、いうところへ話は飛び、ほんと怖いことなのだわ。
人心の根幹の部分の立て直しをはかるのに、『坂の上の雲』はいい
教科書だと、偉そうに言ってみる。


拍手を有難うございました

 AZUママ
  『ヴァレンチノ』、すみ花ちゃんからは?
  あの日の観劇後のお話は壮絶でしたよ。103歳まではいかない
  けど。
  40歳ぐらいから一気に103歳になるんじゃなくて、年々なので
  わりと平気なのでは?
  はい。。。笑えない現実が待っています。
  ここ三日小雪が舞って、こう寒くなると1月の大劇場はどうでも
  いいかな気分です。

私が心から愛した 私の可愛い フレデリック・フランソワ

サンタクルスなんてもろギブリさん好みだから
ギブリさんはパラグアイを応援すると思います。

たぷろうさんのブログで、しっかり言い切られていたとはとは
おぬし、見透かしておるのう。

ところが最近の私は、ラテンのイケメンなんて目じゃないんです。
フィリップ・シーモア・ホフマンを愛しておりますの。
デブに薄毛だけど『マイ・ライフ、マイ・ファミリー』はローラー・リニー
と兄妹で、私にもあんなお兄ちゃんがほしいと思ったのでした。
親の介護問題は切実だし、シナリオも良くできていたし。

そのパラグアイ(嗚呼。。。懐かしいパラナ川)はスペインに敗れて、
今夜はウルグアイ vs オランダ戦。
今の時点では、まったく眠くないので見る気満々であります。


今日のBS hi 『プレミアム8』を録画しておいてよかった。

    『読まれなかったフレデリックへの手紙』
                   ~ショパンを愛する人たちへ捧ぐ~

去年亡くなられた音楽評論家の黒田恭一氏の仕事部屋に置かれた
PCに遺されたファイル。
それは、生誕200年の年を迎えるショパンに捧げるための企画書と
脚本だった。

フレデリックとはフレデリック・フランソア・ショパン。
読まれなかった手紙とは、ショパンの恋人ジョルジュ・サンドが、ショパ
ンへの想いを友人や知人に書き送ったもので、ショパン自身は読むこ
とのなかった幾通もの手紙。
それらの手紙から、ショパンの人となりを読み解こうとの思いが詰まっ
たこのファイルが、病に倒れた黒田氏の遺稿となったのだ。

手紙の朗読を草笛光子、ピアノは横山幸雄。
ショパンとサンドが共に過ごした館や室内の映像を織りまぜながら、
二人の出逢いから別れまでをピアノと朗読で紡いでいく。

脚本の終盤、ショパンが逝ったのち、サンドはショパンとの日々を追想
する。

ノクターン 嬰ハ短調(夜想曲第20番)のピアノにのせて、

 強い想いを胸にしまっている人だけが  
 聴く人の心に届く優しい歌をうたいます。
 フレデリック・フランソワがそうでした。
 あの人の心は いつでも背筋をのばして 毅然としていました。 
 
朗読はつづいて。

 フレデリック・フランソワは あの人の 音楽だけを
 遺して逝きました。


朗読劇は、いつかオサさんにもと切望しているのです。
表現の原点にして、難易度エベレスト。
ついこの間見た番組、同じく『プレミアム8』での『華麗なる宮廷の妃
たち』 エリザベス一世の麻実ターコさんの朗読は素敵でした。

そしてもうすぐ発売、ショパンにのせて、オサさんの歌声は?
期待がふくらみます


 AZUママ
  我が家もです。W杯、なんだかんだ言いながら結局見ちゃうのね。
  寝不足で、携帯メール打ちながら寝ていて、目が覚めたら携帯電話
  が枕になっていたりとか。
  お互い山あり谷ありをかかえて、9月を無事に乗り切れるのか。
  来週のロミオとジュリエット、頑張ります。AZUママは?

マンデラは言った。オサさまも。

1999年、南アフリカのネルソン・マンデラは、二期目の大統領選に出馬
しないことを表明した後、最後の議会での演説をこう締めくくった。

長い道のりはこれからも続きます。
皆さんお身体に気をつけてください。
どうぞお元気で。

おっ、この言葉は。。。
オサさまが宝塚を去って行かれた時の。
絶望を予感させた言葉を、思い出させるではないですか。
(今はしあわせよ~)

この間のアイスランドの火山噴火の影響で、仕事先のスペインで数日
足止めをくらった家人が、ケープタウン経由で帰国してからというもの、
我が家では(というか私だけ)にわかに南アフリカブーム到来。

今年のW杯が南アフリカだということを知ったのはそれからだから、
サッカーにはまるっきり興味が失せたということだ。

そんな私を、感動で震えさせるような番組がNHKで二晩に亘って放送さ
れた。
『ネルソン・マンデラ ~自由の名のもとに~』
実に見ごたえのある番組だった。
(冒頭に書いた議会での演説はこの番組から)

反アパルトヘイト闘争に身を投じ逮捕され、27年間を小島の監獄に収監
された究極の人道主義者マンデラの生き方をみてきた南アフリカはどう
変化を遂げて自由を勝ち取るにいたったか。
マンデラと関わった様々な人たちの証言を交えて、マンデラの人生の軌跡
を振り返るドキュメンタリー。
フランス・ベルギー制作。

この番組を見るまで、私のなかでのマンデラは、釈放されて大統領に選ば
れたあたりからだった。
来日された時に、当時の番組のニュースステーションで久米宏が「なにし
に来られたんでしょう」とふざけたことを言っていたのを憶えている。
マンデラの二番目の妻のウィニーに対しては、夫の威光を笠に着た嫌な
女だとばかり思っていた。
結局は離婚することになったが、彼女は彼女で獄の外でマンデラとの子供
を育てながら、アパルトヘイトと闘った人生だったのだ。


ずい分前に見た映画『ワールド・アパート』は、南アフリカに住む白人一家
の物語だったが、両親が反アパルトヘイト運動の支持者だった。
13歳の娘の目を通してみる1960年代の南アフリカの悲惨な状況が描か
れていた。

もう一度見てみたい。

絶対にたぷろうさんがダビングしてくれていたはず、と何年も開かずの扉
だったビデオキャビネットの中を探してみたけれど。

262

なかった。
ネットで探してみると、ビデオは廃盤で日本でのDVD化はされなかった模様。
海外版DVDはあった。
でもこういった作品での字幕なしはちょっと辛い。

261

たぷろう家のビデオ部屋を物色しに行ってみるとするか。


拍手を有難うございます

 AZUママ
  独占してくださってぜんぜんかまいませんよ~
  梅芸、行けました ひやひや~
  ワイルドなレオン、かっこいいじゃないですか
  スカステニュースでカーテンコールのたびに私の後頭部が。
  自分しか分からないお宝お宝~

  

そして鷲は気高い

大型台風が接近中とあって一日中雨降り。

HDDにたまりにたまった70時間分の録画の整理には途方にくれる。
ディスクに落とすもの、削除するもの、分別にあたりざっとながらも
再生を試みると、その場で見入ってしまったりで作業がはかどらん。


今夜は「ハプスブルク帝国」シリーズ3回でお勉強。
何回か放送されている番組だと思う。

スイスのひなびた村の領主にすぎなかったハプスブルク家が、どの
ようにして領土を拡大し巨大帝国を造り上げたのか、そしてその領土
をどのように失っていったのかが、ぼんやりとした理解からしっかり
と頭に刻み込まれたぞ。。。のつもり。
アメリカの大統領の選出方法も、4年経って次期選挙になった時には
もう忘れている。。。憶えては忘れ憶えては忘れ、まぁ今回もその類だ
ろうが。

第1回 双頭の鷲の下で。
番組冒頭、Tシャツにパンツ姿でありながら、なにやらやんごとなき
血筋オーラに輝く初老のご夫人がイーゼルを引っ張りながらご登場。
カンバスには描きかけの眼光鋭い鷲の絵。

ステファニー・ヴィンデッシュ・グレーツ。画家。

『皇帝フランツ・ヨーゼフとシシィは曾々父母にあたります。
国籍はパスポートのことを言っているのならベルギーよ。
気持ちのうえでの国籍はどこでもないわ。
民族のことを言っているのなら1000年以上も前にスコットランドと東洋
が混ざっているから、どこに属している気もしない。
どこにでも属しているともいえるわね。』
カメラを見据えてかすれた声でおっしゃる。


情死した皇太子ルドルフの遺児エリザベートの初婚の相手がオットー・
ヴィンデッシュ・グレーツだったと、ここまでは知ってる、つもり。
塚本哲也氏の著書とか翻訳本の「赤い皇女エリザベート」とかとか、
ハプスブルク帝国がマイ・ブームの時には、お約束のように読み漁り
ましたわよ。 
でも本当のところは、ハプスブルク帝国そのものよりも、須賀敦子が
イタリアのトリエステの町でふれたハプスブルク文化の残り香、旧ユ
ーゴのチトー大統領のエピソードなどから感じ取る、かつてハプスブ
ルクに属していた国に住む人々の帝国に寄せる郷愁のようなものの
ほうが、はるかに興味深かったりするんだな。


ということは皇太子ルドルフの曾孫にあたるのね。
ルドルフの面影はないか?思わず画面を見る目に力が入りましたとも。

  画家ステファニー・ヴィンデッシュ・グレーツの公式サイト ⇒☆
     追記(11/21):こちらは見ることが出来なくなっていますね。

  ヴィンデッシュ・グレーツ財団サイトのコンテンツで作品を見ることが
  できますのでこちらから。  ⇒☆

そうそう、番組ではこの鷲を描いている最中だった。

5f6beddc.jpg


なんだかシシィだとかルドルフって、知り合いみたいに身近感覚。
舞台の「エリザベート」や「うたかたの恋」の影響大でトッホホ~

ロスト・プリンス

たぷろうさんに、春野さんが辞めちゃって、ギブリは湖の底に沈
んだっきりもう浮かび上がってこないのか。。。と思っていたけど
と、言われてしまいました。

湖の底でネッシーに言い聞かせられていたんです。
願っていれば叶う!!って。
おや、沈んでいたのはネス湖だったのですか?


英国に行かれてお留守のdubさんのブログから、見つけ出してき
たのが「ロスト・プリンス」。
ミニ・シリーズ部門でエミー賞を受賞した時から見たいと思ってい
た作品。
LaLaTVで放送されるとの記述に、ギャ!と一声叫んで即LaLaTV
契約ですよ。
そこでびっくり、LaLa、韓流ばっかりじゃないですか。
あ、そうだ!dubさんのママは、ふた昔ちょっと前の宝塚大運動会
において、丸めたプログラムで麻実れいの頭を後ろから叩いたと
いうつわものなのです。何故に麻実さまの頭を。

「ロスト・プリンス」は英国王室の知られざるお話。
障害児として産まれ13才で夭折した、ジョージ5世の末子ジョンは、
人目から隠されるようにして乳母に育てられます。

d7b9526e.jpg

                →☆

エドワード7世の葬儀の日、幼いジョンに軍服姿の男が話しかけます。
「私はお父上の従兄弟だ。お爺様にサヨナラを言いに来たのだよ。
とても寂しい。ドイツ国民も悲しみにくれている」
第一次世界大戦で敵となるドイツ皇帝ヴィルヘルム2世でした。
英国を訪れたロマノフ皇帝一家の4人の皇女たちを、眩しく眺めた日
のことも、ジョンは少年になっても忘れません。
   
ジョンとすぐ上の兄ジョージ(後のケント公)の幼児から少年へと成長
していく目が、第一次世界大戦、ロシア革命とヨーロッパ全土が揺れ
動いた激動の時代を見つめていきます。
国王と王妃にとって、縁戚関係でもあるヨーロッパ王家が、敵味方で
戦うことへの苦悩は大きく、公務優先の日々のなか、田舎で過ごすジ
ョンのことは二の次。王妃はもともと、愛情深い母親ではなかったらし
いですけど。
そのような欠けた部分を補って余りあるのが、乳母ララのジョンへよせ
る深い愛でした。 ジーナ・マッキーの乳母は、節度があって凛として、
そんな乳母に守られてジョンの魂はいつも自由で幸せでした。


国王ジョージ5世には6人の子供がいたそうです。
長男は、王冠を捨てシンプソン夫人との恋を選んだあのエドワード8世。
次男は、エドワードが王冠を捨ててしまったために、拾わざるを得なく
なって国王となったジョージ6世。エリザベス女王の父君ですね。
そして間に二人。
その下がジョージ(ケント公)とジョンでした。

かわりゆく風景

毎週かかすことなくTVドラマ「拝啓、父上様」だけを見ていたのは、
毎回親戚の家が映るから。。のつもりだったのが、物語にも結構
嵌って最終回まで楽しませてもらいました。

ドラマの中での舞台となった神楽坂の料亭「坂下」。
坂下の門の前の石畳をまっすぐ進むと、一見つきあたりのように
見える角に建つ黒塀に囲まれた家。
そこが映画監督や作家たちが執筆するためにおこもりする旅館。
日本の映画界、文壇で活躍される多くの監督や作家たちが、ここ
を常宿にして作品を世に生み出してこられました。
山田洋次監督もそのお一人、最近では「武士の一分」もこの旅館
で書かれました。

神楽坂の石畳の花街も、時代と共に新しい生き方の選択をせざる
を得ない状況になってきて、まさに「拝啓、父上様」で描かれていた
とおりなのでしょうが、私の知っている神楽坂が昭和の時代から
どんどん遠くなっていくのだと思うと寂しい。
そんなことを思っていたからか、昨日は女将からの電話の「昔を
思い出しちゃって。。」に涙ぐんでしまいました。

言ってみたい!

c9083f12.jpg

藤田嗣治の美術展開催の期間に合わせるように、雑誌やTVが特集
を組んでいますね。

「芸術新潮」今月号も購入。
TV、昨夜はNHKで「パリの異邦人 画家・藤田嗣治の二十世紀」。
家人がやっぱり山根基世のナレーターは落ち着くと言うので、「映像
の世紀」の彼女はよかったよなぁ、それに加古隆の音楽もと、声質に
うっとりしながらあがってくるエンドロールを見ていたら、「語り 広瀬
修子」と記されていました汗

NHKの番組は、過去に見たことのある映像も使われていましたけど、
それでも無名時代の藤田のアパートを訪ねる映像は嬉しい。
スーチンが住んでいた部屋をアトリエにしている女性が、部屋の中へ
と案内してくれる。
藤田の好んだきじねこではなさそうなネコがどこからかやってきたも
ののすぐに去っていった姿のわざとらしさも微笑ましくて、ああ私も行
ってみたい!
じゃなく、言ってみたい!!

 隣はフジタさん、向かいにはモディリアニが住んでいました。
 エコール・ド・パリの素晴らしい時代でした。


何年か前に、パリのどこかの美術館で藤田の絵の修復をしている経過
を、君代夫人が見守っている映像をビデオに収めたはずだったと、今日
は朝から録画したもののタイトル明記のない大量のビデオを再生につぐ
再生。
ない!見つからない!
あらゆるものの管理がこれだ。

月9

さっきまでは、内野聖陽が出ている「黒い家」という
ホラー映画を見ていました。
舞台の内野に心をとろかされているだけで、映像の
内野はべつに。。関心ないの。。なんて言ったのは
撤回しますよ!たぷろうさん!
画面の中で、西洋のスマートな鼻ばかり眺めてきた
目には、狛犬のようなアジアの鼻は新鮮でした。

年明けからは、月9なんてものも見るのです!
連ドラって、見たことなかったのにね。
それに「月刊ザテレビジョン」っていうのも、書店で
立ち読みしてきました。

私のなかの何かがはじけちゃったのねクラッカー
躁状態となって、ガレージの屋根を突付いて、
いたずらばかりするカラスにも愛想をふりまき
甘栗をわけてあげました。



本 購入本

「ローマ教皇とナチス」 大澤武男
7cc50bad.jpg

酷い仕打ちに耐えかねた足は、ついに悲鳴をあげて
しまいました。 (きまぐれがき12月13日参照)
ふくらはぎ痛から太もも痛、さらには腰痛まで引き起こ
してくれました汗

整形外科での待ち時間に読もうと購入。
帯にはーー「神の代理人」はなぜホロコーストに対し
沈黙したのかーーとあります。

あの時代から半世紀と少しの時しか経っていないのに、
じわじわと極右が台頭してくるのですから、ホロコースト
が過去のこととして、記憶から遠ざかって行くようで怖い。

人は人であって神ではないから過ちを犯す、けれどその
過ちを繰り返さないための叡智は人にも備わっている
はずだと信じることができない世の中になっていくようで
怖い。


本 購入雑誌

「猫びより」2005年1月号
540efb25.jpg

やっぱり買ってしまいましたね。
猫に会える映画特集でしたし、武田花と川本三郎の
映画の中の猫談義にもつられて。


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ